もうひとつのJR

JRにはもうひとつの意味があるのを知ってますか?思わず誰かに伝えたくなる、日本がお世話になったJRさんのお話を紹介していきます。

日本にあるJRさんゆかりの地(東日本3箇所、東海1箇所)

ここまでの記事でJRさんがどういう人物か、僕達がこれから何をしようとしているか、お分かり頂けたかと思います。

まだよく分かってないという方は、前回までの記事を見てみて下さい。

 

srilanka-jr-japan.hatenablog.com

 

そんなJRさんのことをこのブログでは様々な切り口で紹介していきますが、

今回の記事では、まずJRさんを少しでも身近な存在として捉えてもらえるように、日本とJRさんの接点という点で紹介していきたいと思います。 

 

 

というのは、実はJRさんとゆかりのある場所が日本にも存在するんです。

日本がこれだけお世話になっているということで、JRさんを称える石碑・銅像を所有する寺が全国に4箇所(東日本に3箇所、東海に1箇所)

紹介していきます。

 

 

東日本、1箇所目【鎌倉の高徳院

f:id:srilanka-jr-japan:20170206003809j:plain

1ヶ所目は、鎌倉にある高徳院

奈良に次ぐ大きさを誇る大仏様が建っていることで有名ですよね。

その大仏様の脇にJ.R.ジャヤワルダナさんについて書かれた石碑があります。

1991年に建てられたこの石碑の裏には、

人はただ愛によってのみ憎しみを越えられる

人は憎しみによっては憎しみを越えられない

と記されています。

 

東日本、2箇所目【八王子の雲龍寺】

f:id:srilanka-jr-japan:20170206003833j:plain

2ヶ所目は、東京・八王子にある雲龍寺。

このお寺の和尚さんは(※今はお亡くなりになっています)お釈迦様の言葉を引き、日本とスリランカの友好の礎を築いた講演に感銘し、雲龍寺境内にJ.R.ジャヤワルダナさんの銅像を建立されました。

これを機縁に、同大統領が国賓として雲龍寺を訪問。以降国際的な交流が続いているそうです。

またJRさんと同様に、終戦後の日本を救ったとされる「マッカーサー」と「蒋介石」の銅像が並んでいます。

日本再建の三大恩人と言われているそうです。

 

東日本、3箇所目【長野の善光寺

f:id:srilanka-jr-japan:20170206003911j:plain

3ヶ所目は長野県にある善光寺

門前にある善光寺ではなく、そこから南に下った場所にある城泉山観音寺という所にあります。別名「善光寺大本願別院」

八王子の雲龍寺の別館になっているそうで、八王子と同様に「J.R.ジャヤワルダナ」「マッカーサー」「蒋介石」の3銅像が建ち並んでいます。

 

東海、1箇所目愛知県愛西市の明通寺】

f:id:srilanka-jr-japan:20170206000230j:plain

4ヶ所目は愛知県愛西市にある明通寺。

ここにごく最近できた石碑があります。

僕達と同じようにJRさんの史実に感銘を受けた人たちが、この明通寺に石碑を建立させ、2016年10月9日「JRジャヤワルダナ顕彰記念碑建立・除幕式」を行いました。

このイベントはスリランカ現大統領の耳にも入ったらしく、なんとスリランカ大使がご参列したほどの事でした。

地元新聞紙中日新聞朝日新聞にも掲載され、クローバーTVでそのイベントの様子が放送されていました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

以上、JRさんとゆかりのある地を簡単に紹介しましたが、

内2つ、愛西市の明通寺、八王子の雲龍寺を実際に訪れてきましたので、この2つについては次の記事で詳細を記載していきたいと思います。

 

ということで、次回の記事は愛西市の明通寺を訪れた時の話。

僕達と同じように活動している方たちということで、ぜひ一度お話を伺いたいと思い、連絡を取ってみて実際にこの明通寺を訪れてきました。

とても精力的に活動している方だったので、ぜひご紹介したいと思います。