読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうひとつのJR

JRにはもうひとつの意味があるのを知ってますか?思わず誰かに伝えたくなる、日本がお世話になったJRさんのお話を紹介していきます。

【世界遺産】聖地アヌラーダプラ

スリランカ 観光地

f:id:srilanka-jr-japan:20170202165518g:plain

引用元:スリランカ世界遺産地図 - 旅行のとも、ZenTech

 

 

前回の記事で紹介したように、スリランカには、北海道の約8割という国土に6つの文化遺産2つの自然遺産の計8つの世界遺産が点在し、観光資源に大変恵まれた国ということが分かると思います。

 

今回はその内の一つ『アヌラーダプラ』について紹介していきたいと思います。

 

 

聖地アヌラーダプラ ってどんな場所?? 

聖地アヌラーダプラは、紀元前4世紀から約1400年間という長きにわたり、シンハラ王朝の首都が置かれていたスリランカ最古の都で、この地にインドから伝わった仏教が各地に広まりました。

 

特筆すべきは、このブログのテーマであるJRさんとゆかりのある地ということです!

J.R.ジャヤワルダナ氏は16際の時にこの地を訪れ、ここでエッセイを書き、彼の通っていた大学のカレッジ雑誌に論文として寄稿していたそうです。

一般的に観光する人にとってはただのイチ世界遺産の地であるかもしれませんが、とても重要な場所ということでしょう。

 

 

 

また、「聖地」と呼ばれるのには、スリー・マハー菩提樹の存在があるからでしょう。

f:id:srilanka-jr-japan:20170202181254j:plain

引用元:カフェを訪ねて三万里

 

インドのブッダガヤからもたらされた、ブッダがその根元で悟りを開いたとされる菩提樹の分け木がこの地にあります。

インドの菩提樹は焼失したため仏陀が覚りを開いた瞬間を唯一記憶している聖なる木とも言われており、数千年の時を超えた今も信徒たちがこの場所で祈りを捧げています。

 

また、アヌラーダプラは、遺跡の残る聖域地区、旧市街、新市街の3つの地区に分けることができ、仏教都市として発展したこの地には、”ダーガバ”と呼ばれる巨大な仏塔が聖域地区に3つ存在します。

 

シンボルとも言える「ルワンウェリ・サーヤ大塔」

f:id:srilanka-jr-japan:20170202182323j:plain

引用元:takaji-ochi.com

 

紀元前2世紀、タミル人の侵略を阻止したことで現在も英雄王と称えられるドゥッタガーマ王により建設が開始されました。王自身は大塔の完成を見ることなく没したが、事業は息子によって引き継がれて完成しました。

 

 

もっとも古い仏塔は「ジェータワナ・ラーマヤ」

f:id:srilanka-jr-japan:20170202183216j:plain

引用元:ジェータワナ・ラーマヤ | スリランカ 旅行まるわかりガイド

 

紀元前3世紀にアヌラーダプラを治めた王のひとり、マハーセーナ王が建てたと伝えられています。7300万個のレンガを使って建てられ、建設当時は122mと、スリランカでもっとも高い仏塔でした。

 

 

現在残る仏塔として最も大きい「アバヤギリ大塔」

f:id:srilanka-jr-japan:20170202184013j:plain

引用元:海外旅行記 女性ひとり旅のブログ

 

紀元前1世紀に建てられ、建設当時は110mで現在でも75mを誇っています。今は断絶してしまったスリランカ大乗仏教の総本山で、多くの信仰を集めていました。

 

 

そして、寝釈迦像が存在する「イスルムニヤ精舎」

 f:id:srilanka-jr-japan:20170202184353j:plain

引用元:いい旅スリランカ

 

紀元前3世紀、スリランカ仏教が伝わった直後スリランカで初めて仏教を受容したデーバアナンピヤ・ティッサ王が、アヌラーダプラを仏都とすべく、その第一歩として建てられました。

 

 

 

南インドのチョーラ王朝からやってきた人々に追われて、ボロンナルワへ遷都(せんと)して以降は廃墟と化し、19世紀イギリス人によって発見されるまで、アヌラーダプラの存在は忘れ去られていたそうです。

ユネスコ世界文化遺産に登録されたのは1982年のことでした。



Informationインフォメーション

[アクセス]コロンボから車で約4.5時間。

[入場料]30ドル

[Google Map]

 

 

参考文献

118 スリランカの仏教遺跡巡り(1)アヌラーダプラ(aイスルムニヤ精舎) - 石仏散歩

世界の資産家はなぜスリランカに投資するのか

世界の資産家はなぜスリランカに投資するのか