読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうひとつのJR

JRにはもうひとつの意味があるのを知ってますか?思わず誰かに伝えたくなる、日本がお世話になったJRさんのお話を紹介していきます。

【世界遺産】古都シギリヤ

 

狂気の王カーシャパが地上200mに築いた宮殿跡で、ジャングルの中を歩いて行くと姿を現す要塞のような四角い岩山。

これが2つ目に紹介する世界遺産シギリヤロック』です。

f:id:srilanka-jr-japan:20170202224836j:plain

引用元:地球の歩き方[旅スケ]

 

シギリヤロックってどんな場所??

スリランカ旅行で1番の人気を誇り、鉄製の急な階段を登って頂上の宮殿跡に立つと360度下界を見渡すことができ、まるで天空の城にいるような気分になります。

f:id:srilanka-jr-japan:20170202190502j:plain

引用元:いい旅スリランカ

 

このシギリヤをスリランカで1番とも言うべき有名な観光スポットにさせ多くの観光客を集めているのには、シギリヤ・レディと呼ばれる岸壁に描かれたフレスコ画の美女壁画のおかげでしょう。

 

強風の吹きすさぶ宮殿跡とは対照的に、1500年を経た今も穏やかな微笑みをたたえています。現在見ることができるのは18体のみですが、当時は岩肌に500人ほどの女性が描かれていたそうです。

f:id:srilanka-jr-japan:20170202225513j:plain

引用元:遺跡ときどき猫

 

シギリヤロックの悲しい歴史

「獅子の岩」の意味を持つここシギリヤの巨岩を中心に都市が築かれたのは、5世紀のことでした。「東洋のマチュピチュ」とも評される空中都市は、実は悲しい歴史を持っています。

 

 当時シンハラ王朝を治めていたダートゥセーナ王には、平民出身の側室との間に生まれた長男カーシャパと、貴族生まれの正室との子で次男モッガラーナがいました。

弟に王位継承されることを恐れたカーシャパは父を幽閉して王位を奪い取り、その後殺害。しかしインドに落ち延びて難を逃れた弟からの報復を恐れ、カーシャパはアヌラーダプラからここシギリヤに都を移し、地上から遠く離れた岩山の頂上に、要塞のごとき空中楼閣を築きました。

父王殺害から18年後、弟モッガラーナが兵を率いてシギリヤに攻め入り、追い詰められたカーシャパは喉を掻き切って自らの人生に幕を引きました。

建設には7年の時を要したという王都はじつに短命なものでした。

石造りの立派な王座が残っていますが、カーシャパはそこに座しながら常に弟の襲来を恐れていたのでしょうか。。

 

 

世界遺産シギリヤロック。

悠久の時を超えて美女たちの静かな微笑みを残し、周囲360°の絶景を併せ持っているかつての王都は、一度は訪れたいスリランカ隋一の観光ポイントではないでしょうか。



Informationインフォメーション

[アクセス]コロンボから車で約4.5時間。

[入場料]30ドル

[Google Map]

 

 

参考文献

「感動を味わえる絶景!」世界遺産シーギリヤロック | いい旅スリランカ

世界の資産家はなぜスリランカに投資するのか

世界の資産家はなぜスリランカに投資するのか