読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうひとつのJR

JRにはもうひとつの意味があるのを知ってますか?思わず誰かに伝えたくなる、日本がお世話になったJRさんのお話を紹介していきます。

【世界遺産】ゴール旧市街とその要塞群

 

セイロン島の南西端に位置し海に突き出した半島のあるゴールは、人口10万人弱の都市。城壁に囲まれた旧市街とその外に築かれた新市街とで形作られています。

f:id:srilanka-jr-japan:20170202214329j:plain

 引用元:ゴール旧市街とその要塞群の絶景写真画像

 

ゴール旧市街ってどんな場所??

中東と中国を結ぶ「海のシルクロード」の中継地点として古代から栄えた港町で、大航海時代に入るとポルトガルとオランダによって街が築かれ、中世ヨーロッパ調の雰囲気が色濃く残っています。

それはつまりヨーロッパ各国の支配下に置かれていた過去を意味します。

列強各国の人たちは自分たち以外の「外国人」侵入を防ぐため城壁や要塞を築き、ゴールを強固な城塞都市へと育て上げました。

f:id:srilanka-jr-japan:20170202215007j:plain

引用元:ゴール旧市街とその要塞群の絶景写真画像

 

 

2004年に起きたスマトラ島沖地震によって発生した津波によって甚大な被害を受けたスリランカですが、被害があったのは新市街で旧市街はひとりの死者も出さなかったそうです。

決して明るくはない歴史の遺産である城塞が現在住む人々に平穏をもたらしています。植民地時代の城壁が街を守ったため、以来「奇跡の世界遺産と呼ばれているようです。

f:id:srilanka-jr-japan:20170202215140j:plain

 引用元:ゴール旧市街とその要塞群の絶景写真画像

 

小さな旧市街をぐるりと囲う城砦は、ポルトガルによって造られオランダによって補強されました。低いところで6m、高いところでは20m近くの高さがある頑強なものです。

城壁は屈辱の往時を表すものでありますが、一方でそれを実際に造り上げたのはゴールに住んでいた住民たちでした。

 

祖先が苦労して造ったものをおいそれと壊すことはできないという思いのもと、現在に至るまで残されてきました。

そして先述した地震による津波は砦によりせき止められ、津波からこの街が救われたのは、そんな住民たちと祖先の思いの積み重ねが奇跡を呼んだからかもしれません。

f:id:srilanka-jr-japan:20170202215540j:plain

引用元:ゴール旧市街とその要塞群の絶景写真画像

 

Informationインフォメーション

[アクセス]コロンボから車で約2時間(高速道路利用)。

[入場料]無料

[Google Map]



参考文献

世界の資産家はなぜスリランカに投資するのか

世界の資産家はなぜスリランカに投資するのか