もうひとつのJR

JRにはもうひとつの意味があるのを知ってますか?思わず誰かに伝えたくなる、日本がお世話になったJRさんのお話を紹介していきます。

【バワ建築】大阪万博セイロン館・ナンバー・イレブン

④【大阪万博セイロン館(Caylon Pavilion)】

日本とジェフリー・バワ、そして日本とスリランカをつなぐ場所は実は日本にも存在しているんです。

 

日本人の誰もが知る1970年に開かれた大阪万博

そのセイロン館(当時のスリランカ)の設計者は実はジェフリー・バワでした。

建設は国会議事堂と同じく三井建設。

f:id:srilanka-jr-japan:20170217205521j:plain

引用元:HELL'S NOTE EXPO '70 セイロン館

写真左側に写っているオブジェは「ボーディ・ツリー(菩提樹」を表していて、スリランカを代表する有名な彫刻家ラキ・セナナヤケ氏によって造られました。

 

当時、他のパビリオンは人だかりで大行列だったけれど、セイロン館とかカナダ館は空いていたようです(笑)




⑤【ナンバー・イレブン(Number11)】

コロンボ市内の閑静な高級住宅街に、ジェフリー・バワ氏が余生を過ごした自宅兼オフィスである「ナンバー11」があります。

 

1959年にバワ氏がこの場所を購入した当時は、4軒が連なった長屋状の住宅でしたが、彼が3軒の住宅を買い増して行き、現在の形になっています。

内と外の境界がない開放感溢れる吹き抜けからは、やさしい光と心地よい風を感じられ、 ここが室内であることを一瞬忘れてしまう不思議な空間です。

 

現在一般公開されており、当時の面影を残す建物内部の見学や、部屋数は少ないが宿泊も可能。

特に、2階ゲストルームであるリビングには、先ほど紹介した大阪万博セイロン館のオブジェとなった菩提樹のミニチュア版が飾ってあり、現在では見ることができない万博の面影をここでも感じることができるのかもしれません。

f:id:srilanka-jr-japan:20170217210903j:plain

引用元:SriLankan Holidays

 

見学には予約が必要ですが、1時間ほどの見学ツアーに参加することもでき、バワトラストというバワ建築を管理する企業のスタッフが同行し、バワの生涯や建築について学ぶことができます。



Informationインフォメーション

[アクセス]コロンボ市内

[料金]見学ツアー:10:00、12:00、14:00、16:00

ツアー料金:Rs1000(2014年8月現在)

予約はこちらから

 →→→Geoffrey Bawa

Google Map]

 

参考文献

ameblo.jp

ジェフリー・バワが過ごした自宅 「Number(ナンバー)11」 | SriLankan Holidays

HELL'S NOTE EXPO '70 セイロン館