読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうひとつのJR

JRにはもうひとつの意味があるのを知ってますか?思わず誰かに伝えたくなる、日本がお世話になったJRさんのお話を紹介していきます。

JRを知らない日本人が98%以上いる。だから始めた!

f:id:srilanka-jr-japan:20161122121429j:plain

JRにはもうひとつの意味があるのを知っていますか??

ここでは、アラサーの俺達がJRさんについて熱くなって調べ始めた理由について紹介しています。

 JRさんって誰って方はこちらの記事を読んでください。↓

srilanka-jr-japan.hatenablog.com

 

【目次】

【ヤマ】

こんにちわ。ブログ管理者の一人、ヤマです。今日はなんでこんなことを始めたのか、きっかけとその理由を紹介したいと思います。また、この活動を一緒に取り組んでいる仲間の紹介もあります。

自己紹介:アラサー男子(独身)、最近の生活パターン

1986年生まれ31歳、独身。メーカー子会社の研究所で働いてます。仕事ももうすぐ8年目を迎え、入社時に持っていた「会社の持つ産業基盤を使って、これから世界に貢献していくぜ!!」的な熱い思いも、よくある出る杭は叩き潰す精神により、ぬるま湯化しておりました。そのやり場のない熱の全ては週末の英語勉強に向いておりました。

 

そんな時に、JRさんを知る

そんないつものように過ごしていた週末、2016528日(土曜日)。ランニング後にシャワーを浴びて、あの「プールに行って泳いだ後の気だるさ感」を感じつつ、いつものように作った焼きそばを食べながらふとみたTVが、所ジョージさんの番組でした。

「土曜プレミア1部・所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!傑作選」

テレビ愛知2016/05/28 11:59 2016/05/28 14:00 (121分)

(ちなみにこの日の放送は傑作選で、元は2015925日の放送です)

その内容は、

【番組内容】▽気軽に会える国家元首!?スリランカ大統領との2ショット写メに挑戦したら驚きの風習に遭遇!人が溢れ出る電車に象のド派手パレード!?そしてついに大統領に急接近!写メは撮れるのか!?【司会】 所ジョージ 繁田美貴(テレビ東京アナウンサー) 【コメンテーター】 清水ミチコ 東貴博 アンジャッシュ 【ゲスト】 篠原信一 ラブリ 【VTR 出演】 石井康太(やるせなす) スギちゃん 小島よしお 春日俊彰(オードリー) 【ナレーター】 槇大輔 高田べん 川崎恵理子 川原慶太郎、大井洋一、今田佑、森下剛士、松尾隆二、クリタヤスシ
2016年05月28日のテレビ番組表(愛知・地上波1) 

やるせなすの石井さんがスリランカの大統領と写メって。

そもそもそんな要人にアポなしで会えるんかい。と思ってたら、スリランカの大統領は安倍総理とも会う予定だったんですけど、その前に会えたんです!そして写メも撮れたっていう驚きの展開でした。なんでそんなことができたんだ!的な解説の時に、スリランカと日本の深いつながりが紹介されました。そこで初めて、私はJRさんを知りました。

 

f:id:srilanka-jr-japan:20170319014631j:plain

なんで自分はJRさんと日本のつながりについて何も知らないんだろうってショックを受けました。そこで職業柄、というか生来、疑問の湧いたことや興味を持つことはとことん調べてしまう気質でありまして、JRさんについても調べたんです。けど、JRさんに関する日本語の本はないし、ネットにある情報も同じようなことばっかりで(調査不足かもしれませんが)、全然どうゆう人なのかがわからなかったんです。ただ、英語では伝記になって出版されていることがわかりました。

 

活動を始めた理由1、JRさんってどうゆう人なの?っていう興味

なんで、私たちはJRさんを知らないんだろうっていう疑問と、どういう人なんだっていう興味が湧いたんです。戦後の日本経済の回復はJRさんだけのおかげではないですし、大統領にまでなった人、またナイーブな第二次世界大戦に関わる人の話なので、人によって様々な意見・感想があると思います。でもそんなことは正直どうでもいいんです。JRさんがどんな人なのかが知りたい。良いとか悪いとかそういうんじゃなくて、私たち日本人はJRさんの名前くらいは知っていていいんじゃないのか?って話です。

いろんな人に聞いてもみんな知らない。JRを知らない日本人が98%以上いるから始めました!

 

活動を始めた理由2、人並みになった英語力の活用先

初めてJRさんを知ったそのまたおよそ1年前。それまで大嫌いだった英語を勉強するきっかけがありました。そろそろ真剣に英語の勉強をしないといけない!と思い、GWの長期休暇を利用してフィリピンのセブ島へ語学留学に行ったんです。行った学校の生徒やスタッフはみんな面白い人だし、フィリピン人講師もめっちゃポジティブで話してて楽しいし、なんか英語勉強するって、楽しい!!的な感じになったんです。それでその後の週末はほとんど英語の勉強をするまでになっていました。多いときは1日8時間とかやっていたので、もはや勉強ではなく、趣味のレベルです。でも日本にいてもあまり使わないし、何かに使いたいなーって思ってました。そんな時にJRさんに関する英語の伝記を発見!去年まではとても読める本ではなかったのに、今ならなんとか読める!!(難しくてだいぶ苦戦してます。興味ある方、助けて下さい。)

 

活動を始めた理由3、日々感じるモヤモヤ感の払拭

f:id:srilanka-jr-japan:20170319013731j:plain

何かやってみたかったです!正直に言えば、仕事や私生活で感じるモヤモヤを取り除くべく、情熱をかけれる何かを見つけたいんです。なので、このJRさんの活動もそのうちの一つです。この活動を通して行動したこと、知り合った人たち、感じること、様々な経験を通して、情熱をかけれる何かや指針、そしてそのヒントを見つけたいんです。もちろん、今はこの活動に情熱を傾けてやっています!

この活動での個人的な夢は、その辺の小学生くらいの子達が電車に乗る時に、

少年A:JRってもうひとつの意味があるの知ってる?

少年B:知ってるよ!日本の恩人の名前なんでしょ?

少年A:じゃあ何した人かは知ってる?

少年B:スリランカの元大統領で、「憎しみは憎しみじゃなくて愛で返す」でしょ?

って少年達がドヤ顔の応酬をしながら会話する姿を見ることです。

なので、皆さんもJRを見かけたときにはふと思い出してみてください。また、よければ話のネタとして、隣の人に聞いてみてください。JRにはもうひとつの意味があるのを知ってますか?と。その一言で、ちょっと世界が変わるだろうと私は信じております。

 

 

【ユウヤ】

初めまして!

ヤマさんと共にこのブログを運営する 伊藤祐矢(Ito Yuya)です!

自己紹介:只今、世界一周中!

1990年7月30日岐阜生まれ。

岐阜高専建築学科卒。(2006.04~2011.03)

大手ゼネコン現場施工で4年勤務後、自主退職。(2011.04~2015.04.30)

49日間のヒッチハイク日本一周の旅、

フィリピン・セブ島での3ヶ月間の語学学校を経た後

学生の頃から夢だった世界一周の旅へ出発(2015.07.06〜)

現在進行形で様々な国へ訪れています。

 

きっかけ

JRさんのことを知ったのは、その旅中の一時帰国で日本に帰った時。

ヤマさんとはセブ留学中に出会い、共に英語を学ぶ仲間でした。

そんなヤマさんに一時帰国中に再会した時に聞いた言葉が

「JRって知ってる?」という質問。

そんな日本がお世話になった大恩人をなぜ日本人が知らないのか。このままでいいはずがない。そんな想いに共感しJRさんを日本に広めるべく活動を開始しました。

「日本人は日本の事を知らない」

日本を巡り、世界を旅していてそんな事を感じることが多々ありました。

外国人に教えてもらう日本のコト。それってとても恥ずかしい事ですよね。

日本がお世話になった人くらい日本の教育で知りましょうよ。 

日本の歴史教育を始め、政治や風潮など、どこか歪んでいるような気がする日本。

JRさんが引用したブッダの言葉や精神には学ぶべきものがたくさんあります。

JRさんという人物を知ることで、日本の現状を考えるきっかけになれば。

そしてまずはJRさんを日本の常識に。

そんな想いでこの活動をしていきます。

 

 

【まだいるよ!】

想いに共感して記事を書いてくれている仲間があと2人います!が、長くなってしまったので、別の記事に分けて紹介させていただきます。また、記事を書いてくれている人以外にも、この想いに共感して色々と助けて頂いている方もいます。すでに感謝の気持ちでいっぱいですが、まだまだこの活動はこれからなので、引き続きよろしくお願いします!

 

お願い

この記事やブログを読んで、共感してくれた方、よくわかんないけど頑張れよって思ってくれた方。ありがとうございます!!よければ、いいねボタンやシェアでもツイートでも、隣の人に「JRって知ってる?」っていう話のネタとしてでもいいので、情報を拡散して頂けると嬉しいです!それがこの活動を進めていく励みになりますので、ぜひポチっとお願いします!

 

また、この活動を通して色々と調べていくうちに我慢ができなくなり、GWにスリランカに行くことにしました!JRさんとスリランカ、日本とのつながりを辿ろうツアー(自称)です。とっても楽しみです。まだ身近にないスリランカの知られざる魅力をお伝えしていきますので、今後もお楽しみに!

 

(著者:ヤマ(紹介内容は各自))