読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうひとつのJR

JRにはもうひとつの意味があるのを知ってますか?思わず誰かに伝えたくなる、日本がお世話になったJRさんのお話を紹介していきます。

スリランカにあるJRさんと日本ゆかりの地

スリランカ 観光地

 

以前の記事で、日本にあるJRさんとゆかりのある地を紹介したかと思います。

知らないって人は読んでね!↓↓↓

srilanka-jr-japan.hatenablog.com

 

今回は、日本ではなくスリランカにあるJRさんゆかりの地、そして日本とスリランカの繋がりのある場所を紹介したいと思います。

日本とJRさん、日本とスリランカがいかに深い繋がりがあるのか。

これを読めばあなたもJR通です!

 

【目次】

【J.R.ジャヤワルダナ・センター】

J.R.ジャヤワルダナ元大統領について知りたいならまずはここへ!

と言っても過言ではないかもしれません。

JRさんの功績を称えた博物館「J.R.ジャヤワルダナセンター」がコロンボ中心地にあります。

 

f:id:srilanka-jr-japan:20170217213156j:plain

特定の人物の博物館があるという時点で、どれほどの影響力を与えた人なのか感じるんじゃないでしょうか。

 

J.R.ジャヤワルダナ氏の写真を始め、各国からの贈答品など様々な展示物があり、

1951年サンフランシスコ講和会議でのジャヤワルダナ氏の演説の原稿の原本、会議の様子が分かる写真、天皇陛下から送られた手紙の原本などなど。

本当に貴重な資料等が残っています。

f:id:srilanka-jr-japan:20170220223833j:plain

f:id:srilanka-jr-japan:20170220223911j:plain

引用元:トラベルコちゃん

[Map]

 

 

【ジャパニーズミュージアム(Japanese Museum)

先に紹介したJ.R.ジャヤワルダナセンターは有名のようですが、実はこの裏に日本人しか入れない「JAPANESE MUSEUM」という博物館があるんです。

f:id:srilanka-jr-japan:20170221072605j:plain

 

普段は鍵をかけて閉まってあるんですが、日本人ということを伝えれば中に入れてくれるそうで、日本語が話せる人が付き添って説明してくれるようです。

 

ジャヤワルダナ氏の銅像昭和天皇のお写真、日本からの贈答品の数々。日本とスリランカの関係の歴史がよく分かる場所になっています。

f:id:srilanka-jr-japan:20170221072645j:plain

f:id:srilanka-jr-japan:20170221072708j:plain

引用元:地球の歩き方

 

 

【トリンコマリー(Trincomalee)】

スリランカの北東部に位置するトリンコマリー。

ここには第二次世界大戦までイギリスの軍事基地がありました。スリランカがイギリスの植民地であったためです。

 

第二次世界大戦中、日本はイギリスと敵対状態にあり、1942年4月9日、日本軍はこのトリンコマリー港を空襲しています。

この辺の話はブログ初期の記事でもチラッと紹介しています。

srilanka-jr-japan.hatenablog.com

 

ハワイ真珠湾を攻撃した日本海軍がその足で120機の爆撃機を引き連れて、イギリス海軍の基地があるセイロン島(現スリランカ)にやって来て、コロンボにある「アンゴダ※」という場所とこの「トリンコマリー」を空爆

イギリスの為の軍事基地とはいえ、空港・港・鉄道の作業場・石油施設等で大きな被害を受けました。

※アンゴダ(angoda) 1942年、4月4日、同じく空襲によって精神病院の建物が被害。

 

しかし、この多大な被害を日本軍から受けたにも関わらず、

『日本はスリランカを占領しているイギリスと戦っているのです。日本軍がトリンコマリーを空襲し、イギリスの戦艦を撃沈した時は、皆とても喜びました』

スリランカではこのように言われているそうです。

 


その空爆の際、3人が乗った日本軍の攻撃機一機がトリンコマリーで撃ち落され、墜落してしまいます。

その日本軍機は、石油基地中にある石油タンクのひとつに衝突したといいます。そのタンクは炎上し、その後も7日間燃え続け、その後タンクに衝突した日本軍機のエンジンなどが現場から取り出されて、現在も保存されています。

f:id:srilanka-jr-japan:20170221081506j:plain

引用元:スリランカで永遠の眠りについた日本人たち

この写真はトリンコマリーに残る爆撃の事実を示した記念板で、現在は石油基地のある敷地の中に爆撃機の残骸と共に置かれています。


記された文字によると、「 1942年4月9日午前6時45分、3人の日本人(Shigemori Watanabe、ほかの2人の氏名は判読が不可能)が乗った爆撃機が撃ち落される。7日間燃え続け、一人の遺体だけが発見された 」とあります。

 

また、トリンコマリーの空襲の際に撃ち落された日本軍機に乗っていた日本兵スリランカのある僧が助けてかくまったという話があるそうです。

一見、敵対状態にある日本とスリランカでしたが、その心情はこんなにも強い信頼関係にあったんですね。

 

[Map]

  

 

【日本人墓地】

先に述べたように、1942年4月、120機の日本海軍が空爆した際、そのうちの1機がイギリス軍に追撃されたが、3人の日本人乗組員が亡くなりました。

この墓地に彼らの霊を慰めるために慰霊碑が建てられました。 

攻撃された側の国が攻撃した側の国の為の墓地を造るなんて。普通だと考えられないことじゃないですか?

f:id:srilanka-jr-japan:20170221082919j:plain

引用元:コロンボにある日本人墓地を訪ねて

 

日本人墓地はカナッテ市営墓地の一画にあり、きれいに整備されていて、スリランカ日本人会の人々によって管理されているようです。

f:id:srilanka-jr-japan:20170221084327j:plain

f:id:srilanka-jr-japan:20170221084230j:plain

引用元:コロンボにある日本人墓地を訪ねて

 

 大日本帝国海軍戦死者慰霊碑」と記された慰霊塔。

裏側を見ると、
「第二次大戦中大日本帝国海軍戦死者の遺体を丁重に埋葬供養されたスリランカ国民の「愛」を記念し戦死者の霊と平安を祈り之を建つ 昭和五十四年一〇月一八日 日本国特命全権大使 越智啓介」

と、記載されています。

スリランカ人が戦時中から日本軍を称えていたのは本当のようですね。

 

 [Map]




津波本願寺仏舎と津内犠牲者慰霊碑】

2004年スマトラ沖地震の際、スリランカ・ゴール州は多大な被害を受けました。

そこで、日本の本願寺財団がスリランカ政府と共同で、津波犠牲者の追悼とスリランカと日本の文化交流のため、津波本願寺佛舎を建立しました。

f:id:srilanka-jr-japan:20170221093106j:plain

引用元:地球の歩き方[旅スケ]

 

また、津波によりこの近くで止まっていた電車に乗っていて流された約1650人の犠牲者が、南西部に位置するゴール州ヒッカドゥワ市ペラリアに埋葬されており、津波犠牲者慰霊碑が建立されています。

テロによって破壊されたアフガニスタンバーミヤンブッダ像を再興した高さ18.5メートルの大佛も立っています。

 

 

地震大国であり海に囲まれた日本は、津波は他人事ではありません。

このスマトラ沖地震の後に起きた、2011年3月11日の東日本大震災

スリランカ人はこの時の恩を返すべく、日本の為にいち早く復興支援を行ってくれました。

当時、スリランカ全土の仏教寺では犠牲者を追悼し、日本と日本の人たちのために一刻も早い復興を祈る儀式を行ったそうです。

 

1951年サンフランシスコ講話会議から続く、日本とスリランカの良好な関係があったからこそできた恩の繋がりですね。

 

[Map]

 

まとめ 

いかがでしょうか。

これまで世界遺産、バワ建築を通してスリランカ観光地をオススメしてきましたが、スリランカには他にも多くの訪れるべき場所がたくさんあります。

日本と繋がりのある地がスリランカ各所にあり、日本とJRさん、そして日本とスリランカがいかに深い繋がりがあるか少しは伝わったんじゃないでしょうか。

スリランカを訪れることがあれば、ぜひ今回紹介した場所も行ってみることをオススメします!

 

 

参考文献

tokuhain.arukikata.co.jp

4travel.jp

blogs.yahoo.co.jp

honganjifoundation.org